学校概要

Ⅱ-1 教員組織、各教員が有する学位及び業績(こども発達専攻)

Ⅱ-1 教員組織、各教員が有する学位及び業績(2012年度〜2016年度)

2018年5月1日現在

【人間生活学科 こども発達専攻】

氏名

中川 秋美

フリガナ

ナカガワ アキミ

職位

教授

学位

家政学修士

専門分野

地域福祉 児童福祉 児童学

主な担当教科

社会的養護 家庭支援論 保育原理 相談援助 保育内容:人間関係

所属学会

日本地域福祉学会 日本保育学会 日本社会心理学会 ⽇本社会福祉学会 ⽇本保育者養成教育学会

研究業績

(著書)

  1. 保育内容「人間関係」第2版 共著 大日本出版(2018年3月)
  2. 保育を支える生活の基礎-豊かな環境のつくり手として- 共著 萌文書林 (2018年3月)
  3. 実習生の日誌事例から考察する社会的養護内容 共著 日本大学出版(2017年9月)
  4. 保育原理第3版 共著 ⻘踏社(2017年4月)

(学術論文)

  1. 子育て支援に携わる支援者の関係発展的かかわり―「家庭支援論」と「保育内容:人間関係」の指導連携を視野に―昭和学院短期大学紀要第54号1-8(2017年11⽉)

  2. アクティブ・ラーニング―複合領域におけるスタジオを活⽤した保育者養成実践―共著 昭和学院短期⼤学紀要第53号 43-56(2017年2⽉)

(学会発表等)

  1. 0歳児虐待の早期発見・早期対応の自治体の取り組み―「教育支援を必要とする家庭」の妊娠期からの発見を重点に―日本保育学会第69回大会(2017年)
  2. 保育園等におけるゼロ歳児向け子育て支援サービス調査―市川市と小田原市を対象として―全国保育士養成協議会第54回研究大会(2015年9月)
  3. 「第三者委員会に寄せられた苦情内容に見る保育をめぐる今日的課題ー足立区福祉サービス苦情等解決委員会の過去10年間の報告からー」全国保育士養成協議会第53回研究大会要旨集(2014年9月)
  4. 「ごみ屋敷問題対策のための行政と社会福祉協議会等の連携―東京都足立区の取組みー」日本地域福祉学会第27回全国大会要旨集120(2013年6月)

(その他)

  1. 保育分野における長期就労支援に向けたリーダー育成プログラム開発事業 成果報告書」学校法人三幸学園(2018年3月)
  2. 言葉の基礎知識―保育者をめざす人のために―共著 昭和学院短期⼤学⼈間⽣活学科こども発達専攻(著書)(2018年1月)
  3. 「昭和学院もこもこ・こどもセンターの歩み」共著 昭和学院短期⼤学 ⽣活科学誌 第26号 (2015年12⽉)

学会活動及び社会活動

  1. 市川市社会福祉協議会第4期わかちあいプラン(地域福祉活動計画)策定委員会委員長(2017年7月~2018年4月)
  2. 足立区公立保育園園長会研修講師(2017年9月~11月)保育所保育指針改定・幼稚園教育要領改定を受けて①何が、なぜ変わるのか(9月)②「乳児保育、1歳以上3歳未満児の保育」の重要性とかかわりのポイント(10月)③課題「保護者対応」・「職員会議の持ち方」・「職員研修計画」についてグループワーク(11月)

  3. ⽂部科学省委託事業「保育分野における⻑期就労⽀援に向けたリーダー育成プログラム開発事業」分科委員会(2016年7⽉〜2018年3月)
  4. いちかわ市⺠アカデミー講師「楽しく生きるための老い支度―終活はいつから始めるか―」(2017年2⽉)
  5. 東京都共同募⾦会⾜⽴区配分推薦委員会委員⻑(2015年9⽉〜現在に⾄る)
  6. 昭和学院短期⼤学公開講座 心理学に見方・考え方を学ぶシリーズ全3回「美しく生き、美しく老いるための心理学」「社会と家庭で楽しく生きるための心理学」「こどもを上手に育てるための心理学」(2015年5⽉・6⽉・7⽉)
  7. 市川市社会福祉協議会理事(2015年3⽉〜現在に⾄る)
  8. 全国保育⼠養成協議会関東ブロック研究助成⾦研究「ゼロ歳児向け⼦育て⽀援策への提⾔」共同研究代表(2014年9⽉〜2015年8⽉)
  9. ⾜⽴区保健福祉施策検討会委員(2014年度)
  10. シンポジウムコーディネーター 地域福祉活動シンポジウム「ご近所⼒の鍵」⾜⽴区社会福祉協議会 (2014年3⽉)
  11. 第2次足立区地域福祉活動計画 社協職員活動計画プロジェクトチーム事務局長(2013年10月~2014年3月)
  12. ⾜⽴区こころといのちの相談⽀援ネットワーク委員 (2012-2013年度)
  13. 社会福祉法⼈特別区⼈事・厚⽣事業組合社会福祉事業団評議員(2012-2013年度)

氏名

佐藤 智広

フリガナ

サトウ トモヒロ

職位

教授

学位

修士(教育学)、修士(文学)

専門分野

国語教育学、日本中世文学

主な担当教科

教育原理、子どもと文学、日本語表現

所属学会

中世文学会、中古文学会、和歌文学会、日記文学研究会、解釈学会、全国大学国語国文学会、日本教育学会、人文科教育学会、日本国語教育学会、全国大学国語教育学会

研究業績

(著書)

  1. 保育を支える生活の基礎―豊かな環境のつくり手として― 共著 萌文書林(2018年)
  2. 日本詩歌への新視点 共著 風間書房(2017年)
  3. 要説教育原理(補訂新版) 共著 DTP出版(2015年)
  4. 和歌文学大系64 為家卿集/瓊玉和歌集/伏見院御集 共著 明治書院(2014年)
  5. 古典と歩く古都鎌倉 単著 新典社(2014年)

(学術論文)

  1. 絵本化された狂言作品に関する一考察―保育指導の可能性を視座として― 単著 昭和学院短期大学紀要55,33-42,昭和学院短期大学(2018年)
  2. 伝統文化の指導法に関する一考察―保育内容「言葉」「表現」の領域における可能性― 共著 昭和学院短期大学紀要55,54-67,昭和学院短期大学(2018年)
  3. 宗尊親王鎌倉歌壇を支える人々―弘長二年の歌合を手懸りとして― 単著 青山語文47,15-25, 青山学院大学日本文学会(2017年)
  4. 北条政村と和歌―鎌倉歌壇における役割― 単著 青山語文46,39-52.青山学院大学日本文学会(2016年)
  5. 北条得宗家と和歌―鎌倉歌壇における役割を探る 単著 古代中世文学論考刊行会編『古代中世文学論考』32, 175-204. 新典社 (2015年)(査読付)
  6. レオ・レオニ『あいうえおのき』の教材化に関する一考察―保育内容「表現」「言葉」との関わりを中心に― 共著 昭和学院短期大学紀要49, 1-14.(2013年)

(その他)

  1. 言葉の基礎知識―保育者を目指す人のために― 共著 昭和学院短期大学人間生活学科こども発達専攻(2016年)
  2. 「昭和学院もこもこ・こどもセンターの歩み」共著 昭和学院短期大学 生活科学誌 第26号 (2015年)
  3. (項目執筆)和歌文学大辞典 古典ライブラリー(2014年)
  4. (項目執筆)WEB版和歌文学大辞典 古典ライブラリー(2013年)

学会活動及び社会活動

  1. 特定非営利法人 日本語検定 特別研究員(2017年6月~現在)
  2. 社会福祉法人親愛会 評議員(2017年4月~現在)
  3. 昭和学院短期大学公開講座「文学で辿る鎌倉」(2017年10月~2018年2月)
  4. 昭和学院短期大学公開講座「鎌倉を訪れた都人」(2016年10月~2017年2月)
  5. 昭和学院短期大学公開講座「文学で辿る鎌倉」(2015年11月~2016年3月)
  6. いちかわ市民アカデミー講師「鎌倉と文学―そうだ、鎌倉に行こう!」(2015年10月)
  7. 荒川区職員ビジネスカレッジ日本語講座講師 荒川区役所(2014年5~6月)
  8. いちかわ市民アカデミー講師「古典で読む古都鎌倉」(2013年10月)
  9. 埼玉県朝霞市博物館歴史講座講師「道興の旅――『廻国雑記』の世界」(2013年7月)

氏名

小宮 恭子

フリガナ

コミヤ キョウコ

職位

教授

学位

芸術学士

専門分野

インターンシップ(教職実践) 初等教育(保育園・幼稚園と小学校との連携) 特別支援教育 音楽教育

主な担当教科

幼稚園実習 幼稚園実習指導 保育基礎演習 保育内容総論 幼児教育課程論 保育学 生活の基礎 生活学

所属学会

日本インターンシップ学会、日本教師教育学会、日本保育者養成教育学会、日本音楽教育学会、日本生活科・総合的学習教育学会、日本キャリア教育学会

研究業績

(学術論文)

  1. 学び続ける保育者の育成と保育者養成短期大学の役割—卒業前職場体験の試みや卒業生のフォローアップを通して—単著 昭和学院短期大学紀要 第55号43-5(2018年1月)
  2. 保育者養成学校における指導方法の改善—幼児期における非認知的能力の育成及び小学校との連携—単著 昭和学院短期大学紀要 第54号9-12(2017年11月)
  3. 特別支援教育に向けた保育者養成について—小学校へ繋げるための障害児保育—共著 昭和学院短期大学紀要 第54号20-24(2017年11月)
  4. アクティブラーニング—複合領域におけるスタジオを活用した保育者養成実践」—共著 昭和学院短期大学紀要 第53号48-50(2017年2月)
  5. 保育者養成短期大学の役割と卒業生のフォローアップ~幼稚園・保育所訪問を通したグッドキャリア講座開講~単著 昭和学院短期大学紀要 第53号57-68(2017年2月)

(学会発表)

  1. 「保育者養成短期大学の役割と卒業生のフォローアップ~「グッドキャリア講座」開催に向けて~実践報告。日本インターンシップ学会第18回大会(札幌国際大学・札幌国際大学短期大学部)(2017年9月)
  2. 「小学校におけるインターンシップ『読書から広がる将来の夢』~親子の絆を深める職場体験~」実践報告。日本インターンシップ学会第17回大会(目白大学)(2016年9月)
  3. 「小学校におけるインターンシップの実践について」実践報告。日本インターンシップ学会関東支部2017年度第1回研究会(2015年10月)
  4. 「長期インターンシップの可能性を探る」パネリストとして「学校現場における教職大学院生の育成」を発表。日本インターンシップ学会関東支部2014年度第2回研究会(2015年2月)

(その他)

  1. 幼稚園実習手引き作成(1年生用) 昭和学院短期大学(2017・2016年6月)
  2. 幼稚園実習手引き作成(2年生用) 昭和学院短期大学(2017・2016年6月)
  3. 「聴いて感じてあらわすよろこび」2015年度大田区小学校音楽部研究集録 大田区小学校教育研究会(2016年3月)

  4. 「感じよう!考えよう!伝え合おう!」~思考力・判断力・表現力を育てる言語活動の工夫~2015年度東京都言語能力向上拠点校研究紀要(2016年3月)

    大田区立志茂田小学校

  5. 「自立を促し社会の一員としての資質を育てる特別支援教育の推進」2015年度

    特別支援教育委員会全国連合小学校校長会研究紀要 全国連合小学校校長会(2016年2月)

  6. 「特別支援教育の視点に立った教育の充実を図る学校経営の戦略」教育研究シリーズ第53集「新たな知を拓き人間性を豊かな社会を築く日本人の育成」

    実践研究論文 全国連合小学校校長会(2015年5月)

  7. 「自立を促し社会の一員としての資質を育てる特別支援教育の推進」2014年度

    特別支援教育委員会全国連合小学校校長会研究紀要 全国連合小学校校長会(2015年2月)

  8. 「感じよう!考えよう!伝え合おう!」~思考力・判断力・表現力を育てる言語活動の工夫~2013・2014年度東京都言語能力向上拠点校研究紀要(2015年1月)

    大田区立志茂田小学校

  9. 2014年度第41回全連小海外教育事情視察団報告書(ニュージーランド)

    全国連合小学校校長会(2014年10月)

  10. 「特別支援教育の充実・発展に向けて」―難聴・言語障害教育の視点から―2014年度「紀要第44集東京都公立学校難聴・言語障害教育研究協議会報告書」

    東京都公立学校難聴・言語障害教育研究協議会(2014年3月)

  11. 「小・中学校の特別支援教育の推進のために」東京都特別支援教育推進計画第三次実施計画に基づく特別支援学級の教育内容・方法の充実事業報告 東京都教育委員会(2014年3月)
  12. 2013年度「人権教育特別委員会研究のまとめ」東京都公立小学校長会人権教育特別委員会(2014年2月)
  13. 「子供が輝くチーム千鳥を目指して」2013年度大田区教育研究会研修奨励事業研究論文 大田区教育研究会(2014年3月)
  14. 2012年度 「人権教育特別委員会研究のまとめ」東京都公立小学校長会人権教育特別委員会(2013年2月)
  15. 「伝え合う力を高める言語活動の工夫」2010・2011年度 東京都大田区研究推進校学力向上モデル校「学習カルテ」、「学習カウンセリングの活用」研究紀要

    大田区立千鳥小学校(2012年2月)

  16. 教育相談報告書(2008年~2010年) 渋谷区教育センター教育相談部(2010年7月)

学会活動及び社会活動

  1. 講師「学校教育の現状と教師への一歩を踏み出すため」家政大学、埼玉大学にて教職実践演習講義(2018・2017年1月)

  2. 講師「小学校ってどんなところ(親子で楽しく準備!)(東京都内の保育園・幼稚園、千葉県内保育園・幼稚園)にて保護者・保育者対象、講演会・園内研修(2016年11月~2018年3月 )
  3. 「ICTを活用したアクティブラーニング」楽しく学べる学生のやる気を育成するためアーカイブから学ぶ「学生による教材作り」実践発表。昭和学院短期大学(2016年7月)

  4. 講師「各学校における合理的配慮の実際」2015年度千葉県特別支援教育研究連盟・千葉県特別支援学級設置校校長会にて講演(2016年2月)
  5. 講師「小学校ってどんなところ(親子で楽しく準備!)(大田区内の保育園、幼稚園)にて保護者対象講演会(2015年11月~2016年2月)
  6. 講師「学校教育の現状と教師への一歩を踏み出すため」家政大学、埼玉大学にて教職実践演習講義(2015年11月・12月、2016年1月)

  7. 講師「学校教育の現状と求められる教員」(2015年度東京都教育庁人材バンク登録者研修会) 演習・講演(2015年10月)
  8. 日本インターンシップ学会関東支部役員(平成27年10月~現在に至る)
  9. 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の実施に関する調査協力者会議」委員 文部科学省(2015年6月)
  10. 全国連合小学校長会特別支援教育委員長(2014年4月~2016年3月)
  11. 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所運営委員(2014年4月~2016年9月)
  12. 東京都公立学校難聴・言語障害教育研究協議会長(2014年4月~2015年3月)
  13. 講師「小学校ってどんなところ」~就学に向けて準備すること~(大田区内の保育園、幼稚園)にて保護者対象講演会(2014年10月~2015年1月)
  14. 講師「学校教育の現状と求められる教員」(平成26年度東京都教育庁人材バンク登録者研修会)演習・講演(2014年10月)
  15. 講師「充実した校内研修を推進するために」(2014年度中央区立幼稚園、小・中学校研究主任研修会)(2014年6月)
  16. 講師「小学校ってどんなところ」~就学に向けて準備すること~(大田区内の保育園)保護者対象講演会(2013年11月、2014年1月)
  17. 講師「授業分析を通じた校内研修の推進」玉川大学教職大学院学校経営研修会(2013年11月)

氏名

松野 真

フリガナ

マツノ マコト

職位

教授

学位

教育学修士

専門分野

デートDV 児童虐待 障害児・者への支援

主な担当教科

障害児保育Ⅰ・Ⅱ、児童家庭福祉、教育の心理学、臨床心理学演習、保育実習指導Ⅰ、保育キャリアデザインA・B

所属学会

日本教育心理学会、日本LD学会、日本イメージ心理学会、日本発達心理学会、日本思春期学会、日本教育カウンセリング学会

研究業績

(著書)

  1. 保育を支える生活の基礎ー豊かな環境のつくり手としてー共著 萌文書林(2018年3月)

(学術論文)

  1. 文章理解に関する心理学的アプローチ-スキーマ理論とメタ認知との関連について- 単独 昭和学院短期大学紀要 55,1-6 (2018) 
  2. デートDVにおける加害・被害経験タイプと加害者の特性 単独 教育カウンセリング研究 8(1),1-11 (2017)
  3. 特別支援教育に向けた保育者養成について-小学校へ繋げるための障害児保育- 共著 昭和学院短期大学紀要 54,20-24 (2017)
  4. 男女共同参画社会についての青年の意識に関する研究 共著 文教大学付属生活科学研究所紀要 38,21-30 (2016)
  5. デートDV加害・被害質問紙及びデートDV支配・被支配度質問紙の作成 共著 東京成徳大学臨床心理学研究 15,187-196 (2015)
  6. 大学生における自傷行為と対人関係-愛着スタイル及び感情イメージとの関連から- 共著 富山国際大学子ども育成学部紀要 5,11-18 (2014)
  7. 対人関係の築き方を見つめるワークの試み-認知行動療法的な視点から- 共著 千葉県児童相談所紀要 18,78-97 (2013)

(学会発表等)

  1. デートDV加害経験と愛着スタイル及び感情価との関連 単独 日本教育心理学会第59回総会発表論文集 155(2017)
  2. デートDV加害信念の歪み尺度の作成 単独 日本教育心理学会第58回総会発表論文集 190(2016)
  3. 大学生におけるデートDVの加害・被害経験タイプとその特性 単独 日本発達心理学会第25回大会プログラム発表論文集 421 (2014)
  4. デートDVの加害・被害体験と成人愛着スタイルとの関連について
    単独 文教大学生活科学研究所2013年度研究報告会 (2013)

学会活動及び社会活動

  1. 育児サポート講習会(木更津市社会福祉協議会)講師「心の発達とその問題」(2018年3月)
  2. DV防止セミナー(県庁男女共同参画課)講師 「それって『愛』なの? 若者のためのDV予防セミナー」(2018年3月)
  3. 基幹的職員研修(県庁児童家庭課)講師「アタッチメント再考と問題行動へのアプローチ」(2018年3月)
  4. いちかわ市民アカデミー講座講師「「社会の健康は私たちの健康-児童虐待に対する取り組みを通して-」(2018年2月)
  5. DV予防セミナー(県庁男女共同参画課)講師 「それって『愛』なの? 若者のためのDV予防セミナー」(2018年2月)
  6. DV・児童虐待防止セミナー(県庁男女共同参画課)講師「『DVなんて他人事』にひそむ危険-知っておきたいDV・児童虐待の基礎知識- DV・児童虐待の概要と助言の留意点」(2017年11月)
  7. 柏市こども発達センター職員研修会講師「療育手帳取得の流れと判定・検査について」(2016年12月)
  8. 文教大学生活科学研究所 客員研究員 (2013から現在まで)

氏名

伊坪 有紀子

フリガナ

イツボ ユキコ

職位

准教授

学位

修士(教育学)

専門分野

動作学

主な担当教科

スポーツ理論・実技 発達と健康 幼児体育

所属学会

日本体育学会 比較舞踊学会 日本保育学会 保育教諭養成課程研究会

研究業績

(著書)

  1. 保育を支える生活の基礎-豊かな環境のつくり手として 共著 萌文書林(2018年1月)
  2. 言葉の基礎知識―保育者を目指す人のために― 共著 昭和学院短期大学(2016年1月)

(学術論文)

  1. 保育者養成における身体表現の実践―絵本を題材にノンバーバルコミュニケーションに挑む― 昭和学院短期大学紀要 第54号(2017年11月)
  2. アクティブ・ラーニングー複合領域におけるスタジオを活用した保育者養成実践― 昭和学院短期大学紀要 第53号 51-56 (2016年2月)

(学会発表)

  1. 保育者養成校における「遊び」指導の実態~「遊びマトリックス」作成と試行第69回日本保育学会大会(2016年5月)

(その他)

  1. 「昭和学院もこもこ・こどもセンターの歩み」共著 昭和学院短期大学 生活科学誌 第26号(2015年12月)

学会活動及び社会活動

  1. 「Teresutoria」ダンス公演 一作品に出演 江戸川区総合文化センター (2018年3月)
  2. 「Ghost」「Higher ground」ダンス公演 二作品に出演 中央区月島社会教育会館 (2018年2月)
  3. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2017年11月)
  4. 「あしたいろ」ダンス公演 一作品に出演 江戸川区総合文化センター (2017年3月)
  5. 「In your eyes」「水彩の月」ダンス公演 二作品に出演 中央区月島社会教育会館 (2017年2月)
  6. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2017年1月)
  7. 「脳トレにつながる健康運動 ~認知症予防 コグニサイズ~」いちかわ市民アカデミー公開講座 (2016年11月)
  8. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2016年11月)
  9. 「Beyond the sky」ダンス公演 一作品に出演 江戸川区総合文化センター (2016年3月)
  10. 「Ghost of a Girl」「Neon sign」ダンス公演 二作品に出演 中央区月島社会教育会館 (2016年2月)
  11. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2015年12月)
  12. 『ココロノ箱』ダンス公演 運営・出演 カメリアホール (2015年11月)
  13. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2015年8月)
  14. 「Infinity」ダンス公演 一作品に出演 江東区文化センター (2015年3月)
  15. 「スパイラル」「セカイ」ダンス公演 二作品に出演 中央区月島社会教育会館 (2015年2月)
  16. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2015年1月)
  17. 「脳を鍛える運動 ~認知症予防 今日からチェンジ~」いちかわ市民アカデミー公開講座 (2014年11月)
  18. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2014年9月)
  19. 「Feeling good」「バーレスク」「あなたと」ダンス公演 三作品に出演 中央区月島社会教育会館 (2014年2月)

氏名

宇杉 美絵子

フリガナ

ウスギ ミエコ

職位

准教授

学位

修士(教育学)

専門分野

音楽教育、ピアノ演奏法

主な担当教科

保育内容:表現(音楽)、音楽表現法、保育の音楽表現

所属学会

日本音楽教育学会、日本ダルクローズ音楽教育学会、日本幼少児健康教育学会、日本オルフ音楽教育研究会

研究業績

(著書)

  1. 保育を支える生活の基礎~豊かな環境のつくり手として~ 共著 萌文書林(2018年)
  2. 言葉の基礎知識―保育者をめざす人のために―共著 昭和学院短期⼤学人間⽣活学科こども発達専攻(著書)(2018年1月)

(学術論文)

  1. 伝統文化の指導法に関する一考察―保育内容「言葉」「表現」の領域における可能性― 共著 昭和学院短期大学紀要 第55号 54-67(2018年1月)
  2. 「保育内容表現」をふまえた音楽指導法の向上にむけて―ピアノ演奏における運指指導の研究― 共著 昭和学院短期大学紀要 第54号 25-31(2017年11月)
  3. アクティブ・ラーニング―複合地域におけるスタジオを活用した保育者養成実践― 共著 昭和学院短期大学紀要 第53号 43-56(2017年2月)
  4. レオ・レオニ『あいうえおのき』の教材化に関する一考察―保育内容「表現」「言葉」との関わりを中心に― 共著 昭和学院短期大学紀要第49号 1-14. (2013年2月)

(研究資料)

  1. 保育の表現活動における身体の動きと音楽イメージの相互性 ~おもちゃばこ~ 共著 運動・健康教育研究第23巻第1号35-44.(2014年9月)

(その他)

  1. 「昭和学院もこもこ・こどもセンターの歩み」共著 昭和学院短期大学 生活科学誌 第26号 (2015年12月)

学会活動及び社会活動

  1. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2018年8月)
  2. いちかわ市民アカデミー講師「歌で味わう四季へのまなざし」 (2018年6月)
  3. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2018年3月)
  4. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2017年3月)
  5. chant-feuilles コンサート 早稲田奉仕団スコットホール (2016年12月)
  6. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2016年8月)
  7. いちかわ市民アカデミー講師 (2016年6月)
  8. chant-feuilles コンサート 紀尾井町サロンホール (2015年7月)
  9. 昭和学院もこもこ・こどもセンター ミニ講座講師 (2015年8月)
  10. chant-feuilles コンサート 紀尾井町サロンホール (2014年3月)
  11. 宇杉美絵子ピアノリサイタル 永福町sonorium (2013年12月)
  12. いちかわ市民アカデミー講師 (2013年6月)

氏名

本蔵 達矢

フリガナ

モトクラ タツヤ

職位

助教

学位

修士(教育学)

専門分野

発達心理学 保育学

主な担当教科

保育の心理学 保育基礎演習 教師・保育者論   幼児理解(カウンセリングを含む) 子育て支援論 子育て支援演習  教育方法

所属学会

日本保育学会 日本発達心理学会 日本子育て学会 日本乳幼児教育学会 日本教育心理学会 日本家政学会 日本心理学会 日本家族心理学会

研究業績

(著書)

  1. 保育を支える生活の基礎 共著 萌文書林(2018年)

(学術論文)

  1. 学生の保育士修学資金貸付に対する意識と時間的展望 昭和学院短期大学紀要55,68-73.( 2018年1月)
  2. 保育におけるICT活用の展望 ‐ 教育方法と保育者養成の視点から‐昭和学院短期大学紀要54,41-44.( 2017年11月)
  3. 幼児をもつ母親の発達期待としつけ方略との関連 単著 昭和学院短期大学紀要 53,37-42.( 2017年2月)
  4. 保育の質に関する研究―保育者と保護者の視点の相違から― 共著 山梨県立大学人間福祉学部教育経営学研究室年報第1号 (2015年3月)

(学会発表)

  1. 学生の保育士養成修学資金貸付に対する意識と時間的展望 日本心理学会第81回大会
  2. 旋律を伴うジャーゴンの発達的検討 日本子育て学会第7回大会 (2015年11月)
  3. 主体性を育む幼小一貫教育課程の実践と評価―東京学芸大学竹早地区における総合活動の実践と評価― 共同 日本教育心理学会第55回総会自主企画シンポジウム (2013年8月)

(その他)

  1. 言葉の基礎知識―保育者をめざす人のために― 共著 昭和学院短期大学人間生活学科こども発達専攻( 2017年1月)
  2. 「昭和学院もこもこ・こどもセンターの歩み」共著 昭和学院短期大学 生活科学誌 第26号 (2015年12月)
  3. 附属学校園をフィールドとした幼小一貫教育の教育課程と指導法の開発研究報告書(4年次) 共著 附属学校園をフィールドとした幼小一貫教育の教育課程と指導法の開発研究プロジェクト(国立大学法人東京学芸大学)(2014年3月)

学会活動及び社会活動

  1. いちかわ市民アカデミー講師「子育て・しつけの不易と流行」(2016年8月)
  2. 昭和学院もこもこ・こどもセンター 子育て相談 (2016年度)
  3. 昭和学院もこもこ・こどもセンター 子育て相談・ミニ講座(2015年度)

氏名

山下 佳香

フリガナ

ヤマシタ ヨシカ

職位

助教

学位

修士(教育学)

専門分野

保育学 教育・保育実習指導 環境学

主な担当教科

保育内容:表現(造形) 保育内容:環境 保育実習指導

所属学会

日本保育学会 保育教諭養成課程研究会 ⽇本保育者養成教育学会 こども自然学会 子どもと保育総合研究会 保育と造形研究会 日本生態系協会

研究業績

(著書)

  1. 『実践理解のための保育内容総論』2012年11月 大学図書出版
  2. 『保育原理』 2013年3月 大学図書出版
  3. 『教育・保育実習に役立つガイドブック』2013年9月 大学図書出版
  4. 『保育実習ハンドブック 実習の手引き』2013年10月 大学図書出版
  5. 『乳児保育』2014年4月 大学図書出版
  6. 『子どもの安全と育ちを守るためのガイドブック』2014年4月   大学図書出版
  7. 『保育士試験直前対策』2015年3月 コンデックス
  8. 『保育士試験直前対策』2016年3月 コンデックス
  9. 『保育士試験直前対策』2017年3月 コンデックス
  10. 『幼稚園教育実習』2018年3月 一藝社
  11. 『3つの壁を乗り越える!保育実習リアルガイド』2018年3月 学研
  12. 『保育内容総論』2018年12月発行予定 大学図書出版

(学術論文)

  1. 「幼稚園児の自発的な活動における育ちの変容と一考察」2009年3月
    聖ヶ丘教育福祉専門学校紀要第22号
  2. 「幼児は絵本をどのように捉えるか~3・4・5歳児の読み聞かせからの事態を探る~」2010年6月 聖ヶ丘教育福祉専門学校紀要第23号
  3. 「幼稚園実習・保育所実習事前事後指導に関する事例を通しての一考察」2011年12月 聖ヶ丘教育福祉専門学校紀要第24号
  4. 「教育・保育所実習事前事後指導の具体的な指導過程の一考察」
  5. 「部分・責任実習指導案立案・作成に向けての実習指導の一考察」
  6. 「通年実習から教育実習にかけて日誌の学びの実態調査~学生の日誌からのフィードバックを基に~」2015年12月 聖ヶ丘教育福祉専門学校紀要第28号
  7. 「通年実習の実習体制や日誌形態の見直しについて~前期実習日誌の振り返りからの学びの一考察~」2016年12月 聖ヶ丘教育福祉専門学校紀要第29号~
  8. 「学生の実習意欲の高まりと実習指導検討の一考察~通年実習の学びの振り返りから~」2017年12月 聖ヶ丘教育福祉専門学校第30号

学会活動及び社会活動

(口頭発表)

  1. 「(第3分科会)保育・教職実践演習の実践演習の具体的な取り組みと今後の課題」2017年9月 保育士養成協議会
  2. 「幼稚園教育実習に関する実態調査~実習受け入れ園に対する実態調査から~2017年5月 日本保育学会
  3. 「幼稚園教育実習受け入れ園の実態(1)受け入れ態勢」2017年5月   日本保育学会
  4. 「幼稚園教育実習受け入れ園の実態(2)実習生・養成校に臨むもの」2017年5月 日本保育学会
  5. 「幼稚園教育実習生の実態~実習のアンケートから~」2017年5月 日本保育学会

(その他)

  1. 「通年実習の在り方・日誌形式の見直し研究会」2015年3月 聖ヶ丘教育福祉専門学校
  2. 秋草短期大学秋草祭 企画部門最優秀賞 2011年・2012年・2013年 秋草短期大学
  3. 聖ヶ丘教育福祉専門学校 名物先生として任命
  4. 聖ヶ丘学園附属五園(育和幼稚園・八幡橋幼稚園・うみの風保育園・にじの風保育園・ひかりの風保育園)実習指導や行事指導に参加
  5. 川崎ふたば保育園 第三者委員会に任命 2016年6月~
  6. 造形教育士理事役員 2018年3月

氏名

北村 麻衣

フリガナ

キタムラ マイ

職位

助手

学位

学士(心理学)

専門分野

保育学

所属学会

保育教諭養成課程研究会

研究業績

(著書)

  1. 「保育を支える生活の基礎~豊かな環境のつくり手として~」共著萌文書林(2018年3月)

(その他)

  1. 「昭和学院もこもこ・こどもセンターの歩み」共著 昭和学院短期大学 生活科学誌 第26号 (平成27年12月)

氏名

髙橋 里帆

フリガナ

タカハシ リホ

職位

助手

学位

修士(教育学)

専門分野

美術教育

所属学会

国際幼児教育学会 日本保育学会

研究業績

(著書)

  1. 「保育を支える生活の基礎―豊かな環境のつくり手として―」共著 萌文書林 (2018年3月)

(その他)

  1. 「こどもの造形表現と生活環境に関する一考察」共著 昭和学院短期大学生活科学誌 第54号 (2018年2月)

 >公開情報に戻る