page-img-boshu

奨学金制度

昭和学院短期大学は公的奨学金に加え、学校法人独自の奨学金を用意しております。詳細はオープンキャンパスでお問合せください。
<受験生向け> 昨年度実績

資格特別入試 TOEIC 450点以上
実用英語技能検定 2級以上
TOEFL 521点以上
125,000円
(入学金の50%を減免)
特待生 選考試験に合格した受験生のうち、特待生選考試験に合格した受験生 125,000円
(入学金の50%を減免)

※資格特別入試を利用し合格、特待生選考試験に合格すると入学金全額免除
<ソフトテニス部希望者向け> 昨年度実績

ソフトテニス特待生Ⅰ 短大での部活動にて基準に該当する者。 2年次授業料全額免除
ソフトテニス特待生Ⅱ
(生活クリエイション専攻)
高等学校・短大の部活動・学業にて基準に該当する者。
公式戦などでの成績に応じて決定
250,000円
(入学金免除)
2年間1220,000円
(授業料全額免除)
または、
250,000円
(入学金免除)
2年次610,000円
(授業料全額免除)

<在学生向け>

授業料減免 昭和学院短期大学の模範となるような学生で家計基準の条件を満たしている学生
(1年次の成績などで決まります)
 
2年次授業料
年間305,000円
(授業料の50%を減免)
資格奨励金 TOEIC 600点
英検準1級・1級
TOEIC 500点以上
英検 2級以上
100,000円
 
50,000円
ANAエアーラインスクール奨学金(生活クリエイション専攻) 学内の選考にて決定 ANAエアーラインスクールグランドスタッフコースの受講料全額
授業料減免
(外国人留学生)
書類、面接審査を合格した私費外国人留学生 年間183,000円
(授業料の30%を減免)

※以上が昭和の奨学制度ですが、そのほかにも以下のような奨学制度(貸与型)があります。

【奨学金等について】

日本学生支援機構(→日本学生支援機構のホームページ)

経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対して貸与される奨学金制度です。「第一種奨学金(無利子貸与)」と「第二種奨学金(有利子貸与)」があります。詳しくは、日本学生支援機構のホームページを参照してください。「定期採用」の申請時期は4月です。詳細は、入学後に行う奨学金説明会で説明します。

あしなが育英会

詳細は、HPをご覧ください。

http://www.ashinaga.org/grant/index.html

交通遺児育英会

詳細は、HPをご覧ください。

http://www.kotsuiji.com/howto/index.html

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

「教育ローンコールセンター」0570-008656(ナビダイヤル)、03-5321-8656

http://www.jfc.go.jp/

提携教育ローン

(株)オリエントコーポレーションからの融資「学資サポートプラン」

(1)利用金額
当該学費納入額

(2)利用対象
授業料、実験実習費、施設設備費、諸費などの納入金

(3)返済方法
親子リレー返済」「ステップアップ分割方式」「一部繰り上げ返済」が可能。
(繰り上げ返済手数料不要)

(4)実質年率
4.0%(固定金利)[2017年4月1日現在]

(5)問い合わせ
(株)オリエントコーポレーション 学費サポートデスク
フリーダイヤル 0120-517-325

社会人奨学金

社会人入学生のための本学独自の奨学金制度です。無利子で月3万円(2年間で72万円)貸与します。
問い合わせ先    電話 047-324-7115 昭和学院短期大学 事務部まで

その他
保育士修学資金貸付

近年多くの自治体で保育士修学資金貸付制度を実施しています。卒業後に指定の地域で一定期間保育士として働くことで、偏在が不要になるものです。本学では申請書の書き方などの相談を個別に行っています。(※貸付金額や条件は希望する自治体によって異なります)

【学生寮について[2016年度リフォーム済]】

遠方からの入学者で、通学が困難な者のために、女子学生寮(修学館)があります。学生寮は、親元を離れて学ぶ学生のみなさんが安心かつ快適な学生生活を送ることができるよう、施設・環境・交通の利便性・経済性を考慮し、本学から徒歩約25分、バス7分ほどの近い場所にあります。
問い合わせ先    電話 047-324-7115 昭和学院短期大学 学生課まで