学校概要

Ⅱ-1 教員組織、各教員が有する学位及び業績(ヘルスケア栄養学科)

Ⅱ-1 教員組織、各教員が有する学位及び業績(2012年度〜2016年度)

2018年5月1日現在

【ヘルスケア栄養学科】

氏名

蓮沼 良一

フリガナ

ハスヌマ リョウイチ

職位

教授 学科長

学位

博士(学術)

専門分野

生物科学

主な担当教科

生物学、解剖学、環境と健康、科学の世界、解剖生理学実験、微生物学

所属学会

日本細菌学会、日本免疫学会、日本調理科学会、日本栄養・食糧学会、日本プロバイオティクス学会、臨床解剖研究会、日本エンドトキシン研究会、日本伝統食品研究会、日本栄養改善学会

研究業績

(学術論文)

  1. 小学生の食意識に関する研究—朝食選手権開催からの一考察— 昭和学院短期大学紀要55, 7-13 (2018 年1月) (共著)
  2. カンキツ系フラボノイドの機能-カンキツ類に含まれるヘスペリジンとナリンジン 皮膚と美容48, 2-8 (2016年3月) (共著)
  3. 研修旅行における「ホスピタリティ」教育に関する研究 昭和学院短期大学紀要52, 35-44(2016年2月) (共著)
  4. 栄養士養成施設における「ホスピタリティ」教育に関する研究 昭和学院短期大学紀要 51,35-46. (2015年2月) (共著)
  5. 柑橘系フラボノイドであるヘスペリジンとナリンジンの含有量と機能性について 昭和学院短期大学紀要 49,61-68. (2013年2月) (共著)

(学会発表)

  1. 栄養教育実習の充実を考慮した栄養士課程専門科目の授業のあり方 第64回日本栄養改善学会学術総会(徳島市)(2017年9月)栄養学雑誌74(5)326.(2017)
  2.  ホスピタリティ教育に重点をおいた研修旅行について 第63回日本栄養改善学会学術総会(青森市)(2016年9月)栄養学雑誌74(5)326.(2017)

学会活動及び社会活動

  1. 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業研究課題評価分科会委員 (2014年10月〜現在)
  2. 短期大学基準協会 平成26年度第三者評価に係る評価員 (2014年4月〜2015年3月)
  3. 農林水産省競争的資金 平成26年度「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」の公募における一次(書面)審査専門評価委員 (2014年3月)
  4. 日本細菌学会・評議員 (2008〜2014年)
  5. 「食事と健康-長寿で健康のために-」市川中央老壮塾第一期生組 講演(市川市)(2017年10月)
  6. 「健康に係る微生物」いちかわ市民アカデミー公開講座 講演 昭和学院短期大学(市川市)(2017年10月)
  7. 「健康と食物—健康で長寿のためにー」市川シビックロータリークラブ例会(2017年4月)
  8. 「安心・安全な食生活を送るために(衛生検査を含む)」昭和学院短期大学ヘルスケア栄養学科、栄養学科研究所共催、全国栄養士養成施設協会後援、健やかなこどものための栄養講座講師 昭和学院短期大学(市川市)(2017年1月)
  9. 「健康で長生きするために」市川シビックロータリークラブ例会(市川市)(2016年11月)
  10. 「健康と食に係る栄養素-長寿のための、健康を維持する栄養素についての知識-」昭和学院短期大学公開講座 全3回(市川市)(2016年5月、6月、7月)
  11. 「健康と病気に係る微生物」いちかわ市民アカデミー公開講座 講演昭和学院短期大学(市川市)(2016年2月)
  12. 「機能性糖類 -血糖値を上げにくい糖の話-」市川中央老壮塾第一期生組 講演(市川市)(2015年11月)
  13. 「身体をサビさせないために」市川中央老壮塾第一期生組講演(市川市)(2014年10月)

氏名

立林 尚也

フリガナ

タテバヤシ ナオヤ

職位

教授

学位

教育学修士

専門分野

教員養成

主な担当教科

教職実践演習、教育心理学、特別活動の指導法、教育相談、キャリアデザイン論

所属学会

日本教育心理学会、日本特別活動学会、日本学校教育相談学会、日本栄養改善学会、千葉県学校保健学会

研究実績

  1. 栄養教論教職課程履修者の特性的自己効力感に関する研究-昭和学院短期大学紀要第53号,29-36(2016年)(共著)

学会活動及び社会活動

  1. 松戸市いじめ防止対策委員会 委員 (2015年4月〜)
  2. 松戸市学校運営委員会 委員長 (2013年度)
  3. 「松戸市地域福祉活動計画」策定委員(社会福祉協議会)(2013年度)

氏名

渡邉 隆子

フリガナ

ワタナベ タカコ

職位

教授

学位

学士(栄養学)

専門分野

給食管理

主な担当教科

給食計画・実務論、給食管理実習Ⅰ・Ⅱ、ライフステージ栄養学実習

所属学会

日本栄養改善学会、日本給食経営学会、日本食生活学会、日本食生活学会、千葉県学校保健学会

研究業績

(著書)

  1. Nブックス 給食の運営―栄養管理・経営管理―,建帛社, ,(2017) ,(共著)
  2. 食べ物と健康 食事設計と栄養・調理,南江堂,(2014)(共著)

(学術論文)

  1. 小学生の食意識に関する研究-朝食選手権開催からの一考察-,昭和学院短期大学紀要第55号,7-13(2018年)(共著)
  2. 栄養士課程における食事計画能力向上を目指して(第1報)-食事計画教育の現状と課題-,昭和学院短期大学紀要第53号,21-28(2017年)(共著)
  3. 研修旅行における「ホスピタリティ」教育に関する研究 昭和学院短期大学紀要第52号,35-44(2016)(共著)
  4. 栄養士養成施設における「ホスピタリティ」教育に関する研究,昭和学院短期大学紀要 第51号,35-46 (2015)(共著)
  5. 給食管理実習における大量調理の作業時間に関する研究―調理機器使用についてー,昭和学院短期大学紀要第50号,31-42(2014)(共著)

(その他学会発表等)

  1. 市川市小学生朝食選手権からみる小学生の食意識,第21回千葉県学校保健学会年次大会(青森)(2017年12月)
  2. 栄養教育実習の充実を考慮した栄養士課程専門科目の授業のあり方, 第64回日本栄養改善学会学術総会(徳島)(2017年9月)
  3. ホスピタリティ教育に重点をおいた研修旅行について, 第63回日本栄養改善学会学術総会(青森)(2016年9月)
  4. 栄養士養成施設における調理意識に関する調査, 第63回日本栄養改善学会学術総会(青森)(2016年9月)
  5. 校外実習からみえる専門職意識形成に関する研究(第二報), 平成27年度千葉県栄養改善学会(千葉県)(2016)
  6. 栄養士養成施設におけるホスピタリティ教育に関する研究〜給食管理実習における取り組み〜, 第11回日本給食経営管理学会学術総会(東京都)(2015)
  7. お弁当メニューコンテスト実施からみた高校生の食興味に関する―考察,日本食生活学会第48回大会(東京)(2014)
  8. 栄養士養成施設における学生の献立作成に関する研究(第二報), 第60回日本栄養改善学会(兵庫県)(2013)

学会活動及び社会活動

  1. 市川市立学校給食検討委員 (2010年10月〜現在)
  2. 市川市スポーツ推進審議会委員(2014年11月〜現在)
  3. 「保育園給食における離乳食」千葉県保育協議会海匝支会給食部会研修会講師,(2018年1月)
  4. 「保育園給食における離乳食」千葉県印旛支会給食担当者研修会講師,(2017年11月)
  5. 「ロコモ(寝たきり予防)と栄養」,シニアのための健康栄養講座第2回講師,昭和学院短期大学ヘルスケア栄養学科、栄養科学研究所共催,(2017年11月)
  6. 「適正な食事を考えてみよう」,シニアのための健康栄養講座第3回講師,昭和学院短期大学ヘルスケア栄養学科、栄養科学研究所共催,(2018年1月)
  7. 「好き嫌いをなくそう(調理実習を含む)」昭和学院短期大学ヘルスケア栄養学科、栄養科学研究所共催健やかなこどものための栄養講座講師,昭和学院短期大学(2017年2月)
  8. 「元気で楽しい生活を送るために」いちかわ市民アカデミー講座講師,昭和学院短期大学 (2016年10月)
  9. 〈グー・パー食生活〉「ちば型食生活」の実践。季節に合わせた食材を, 千葉日報現代食事考(2016年9月)
  10. 食と健康講座講師「正しい食事量を知る?新しい食事摂取基準から?」昭和学院短期大学・日本フードスペシャリスト協会共催(市川市)(2015年9月)
  11. 国分寺市老人会連合会共益東長寿会講師「高齢者の食事について」(国分寺市共益東部公会堂)(2015年2月)
  12. 「元気に楽しく年をとりましょう!」国分寺市老人会連合会共益東長寿会研修会講演(国分寺市)(2015年3月)
  13. 「いざという時の食事」いちかわ市民アカデミー講座,昭和学院短期大学(市川市)(2014年10月)
  14. 「食と健康講座」“乾物”の魅力,昭和学院短期大学・日本フードスペシャリスト協会共催(市川市)(2013年11月)

氏名

阿久津 毅

フリガナ

アクツ タケシ

職位

教授

学位

学士(経済学)

専門分野

情報教育

主な担当教科

コンピュータ基礎演習A コンピュータ基礎演習B 情報処理A 情報処理B プレゼンテーション演習 情報処理(演習を含む)

所属学会

日本教育情報学会

研究業績

(学会発表)

  1. 電子黒板利用の授業と短期大学生の情報知識,日本教育情報学会年会第33回論文集33,330-331(兵庫)(2017年)(単著)
  2. 情報処理教育とリメディアル教育・数学的知識の習得に向けて-日本教育情報学会第32回論文集32,260-261(福山)(2016年)(単著)
  3. 短期大学生の個人情報管理に関する報告 日本教育情報学会 第31回年会論文集31,316-317(茨城)(2015年)(単著)
  4. 短期大学生のパスワード管理に関する報告〜ICT教育の推進に向けて〜 日本教育情報学会第30回年会論文集30,74-75(京都)(2014年)(単著)
  5. 情報教育と数学の知識について- 日本教育情報学会第29回年会年会論文集29,112-113(沖縄)(2013年)(単著)

学会活動及び社会活動

(学会活動)

  1. 日本教育情報学会 第33回年会 情報教育②座長
  2. 日本教育情報学会 第31回年会 情報教育座長

(社会活動)

  1. 「セエクセルを使ってオリンピックイヤーのカレンダー作り」いちかわ市民アカデミー講座(市川市)昭和学院短期大学(2017年11月)
  2. 「セキュリティを高めて、快適ネットライフ!」いちかわ市民アカデミー講座(市川市)昭和学院短期大学(2015年8月)
  3. 「表計算ソフトを使って簡単に数学を理解しよう」いちかわ市民アカデミー講座(市川市)昭和学院短期大学(2013年10月)

氏名

髙橋 律子

フリガナ

タカハシ ノリコ

職位

准教授

学位

修士(スポーツ科学)

専門分野

応用健康科学

主な担当教科

基礎栄養学、ライフステージ栄養学、栄養教育論、公衆衛生学、栄養指導実習Ⅱ

所属学会

日本栄養改善学会、日本栄養・食糧学会、日本食育学会、日本体力医学会、日本健康体力栄養学会

研究業績

(著書)

  1. 「食物と栄養学基礎シリーズ9 栄養教育論 第4版」学文社(2017年4月)(共著)
  2. 「スタンダード人間栄養学 基礎栄養学 第2版」朝倉書店(2017年4月)(共著)
  3. 「栄養科学シリーズNEXT 新・栄養学総論」講談社(2016年11月)(共著)
  4. 「栄養士養成課程のための栄養学実験実習・講習 基礎と応用(第3版)」建帛社(2016年11月)(共著)
  5. 「食物と栄養学基礎シリーズ9 栄養教育論 第3版」学文社(2016年3月)(共著)
  6. 「栄養科学シリーズNEXT 栄養教育論 第3版」講談社(2016年2月)(共著)
  7. 「スタンダード人間栄養学 基礎栄養学」朝倉書店(2015年3月)(共著)
  8. 「栄養士養成課程のための栄養学実験実習・演習ー基礎と応用―第2版」建帛社(2015年2月)
  9. 「食物と栄養学基礎シリーズ9 栄養教育論 第2版」学文社(2015年4月)(共著)
  10. 「食物と栄養学基礎シリーズ9 栄養教育論」学文社(2013年4月)(共著)
  11. 「栄養士養成課程のための栄養学実験実習・演習ー基礎と応用」建帛社(2014年4月)

(学術論文)

  1. 短期大学女子学生における貧血状況と食生活および自覚症状との関連 昭和学院短期大学紀要 第55号(2018年1月)(共著)
  2. Subjective Sense Of Wellness And Dietary Conditions In Nursing Students 昭和学院短期大学紀要 第52号(2016年2月)(共著)
  3. Dietary intake and activity conditions of students taking a health and fitness class 昭和学院短期大学紀要 第51号(2015年2月)(単著)
  4. An Investigation Study On Exercise ,Sleep ,And Dietary Habit In Junior High-School Students 昭和学院短期大学紀要 第50号(2014年2月)(単著)

(学会発表)

  1. 若年女性における身体状況と食生活およびヘモグロビン推定値との関連(第64回 日本栄養改善学会学術総会)(2017年9月)
  2. 女子大学生における魚の摂取に関する研究 -嗜好と調理経験に着目して-(第64回 日本栄養改善学会学術総会)(2017年9月)
  3. 健康体操教室受講女性における身体状況および食物摂取状況・生活活動状況(第71回日本体力医学会大会)(2016年9月)
  4. An Investigation Study On Exercise and Dietary Habit In Junior High-School Students(12th Asian Congress of Nutrition 第69回日本栄養・食糧学会大会合同)(2015年9月)
  5. 中学生における食生活状況及び睡眠・運動状況(第61回 日本栄養改善学会学術総会)(2014年8月)

学会活動及び社会活動

  1. 「朝食でウォーミングアップ」第8回市川市小学生朝食選手権 食育講座 昭和学院短期大学(市川市)(2017年11月19日)
  2. 「健康寿命について考える」シニアのための健康・栄養講座 昭和学院短期大学(市川市)(2017年9月30日)
  3. 「朝食でウォーミングアップ」第7回市川市小学生朝食選手権 食育講座 昭和学院短期大学(市川市)(2016年11月13日)
  4. 「健康長寿の実現に向けて」いちかわ市民アカデミー講座 昭和学院短期大学(市川市)(2015年6月6日)
  5. 「食と健康講座 ~食を楽しむ~」フードスペシャリスト協会共催講演会 昭和学院短期大学(市川市)(2014年9月13日)
  6. 講座「和食の力」第1回「和食 日本の食文化」千葉県野田市南部梅郷公民館主催事業 講演会講師(野田市)(2014年6月20日)
  7. 「睡眠と食習慣 重要視されている食事時間 よく眠り生活リズムを整えて」千葉日報 現代食事考(2014年2月23日)
  8. 「健康寿命と日本の食文化・和食~スローフードのすすめ~」いちかわ市民アカデミー講座 昭和学院短期大学(市川市)(2013年7月6日)

氏名

大原 和幸

フリガナ

オオハラ カズユキ

職位

准教授

学位

博士(海洋科学)

専門分野

食品科学

主な担当教科

食品学、食品学実験、生化学実験

所属学会

日本生化学会、日本水産学会、日本農芸化学会、日本栄養改善学会

研究業績

(学術論文)

  1. 研修旅行における「ホスピタリティ」教育に関する研究,昭和学院短期大学紀要第52号,35-44(2016)(共著)
  2. 栄養士養成施設における「ホスピタリティ」教育に関する研究,昭和学院短期大学紀要第51号,35-46(2015)(共著)
  3. Hormone-sensitive lipase in Japanese flounder Paralichthys olivaceus: the potential function of the inclinator muscle of fin as a lipid storage site. Fisheries Sci. 80, 341-351, (2014)(共著)

(学会発表)

  1. 栄養教育実習の充実を考慮した栄養士課程専門科目の授業のあり方.第64回日本栄養改善学会学術総会,徳島(2017年9月)
  2. The effects of amino acids on TOR signaling in fish. JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium, 東京,(2017年9月)
  3. フコースの肥満抑制効果.日本農芸化学会2017年度大会,京都,(2017年3月)
  4. フコースが脂肪細胞分化・成熟に及ぼす影響.日本農芸化学会2017年度大会,京都,(2017年3月)
  5. 研修旅行における「ホスピタリティ」教育に関する研究.第63回日本栄養改善学会学術総会,青森,(2016年9月)
  6. 魚類におけるTORシグナリングに影響を及ぼすアミノ酸に関する研究.平成25年度日本水産学会秋季大会,三重大学,(2013年9月)

学会活動及び社会活動

  1. 「健康と食品衛生」いちかわ市民アカデミー公開講座 昭和学院短期大学(市川市)(2017年10月)
  2. 健やかなこどもの成長のための栄養講座「安心・安全な食生活を送るために(衛生検査を含む)」昭和学院短期大学栄養科学研究所共催,全国栄養士養成施設協会後援,昭和学院短期大学(市川市)(2017年1月)
  3. 「食品に関わる化学」いちかわ市民アカデミー公開講座 昭和学院短期大学(市川市)(2015年12月)

氏名

柳内 志織

フリガナ

ヤナイ シオリ

職位

助教

学位

修士(家政学)

専門分野

調理学

主な担当教科

調理学、調理学実習Ⅰ・Ⅱ、給食管理実習Ⅰ・Ⅱ

所属学会

日本家政学会、日本調理科学会、日本栄養改善学会、千葉県学校保健学会

研究業績

(学術論文)

  1. 小学生の食意識に関する研究-朝食選手権開催からの一考察-,昭和学院短期大学紀要,第55号,p7-13,(2018年),(共著)
  2. 栄養士課程における食事計画能力向上を目指して(第1報)-食事計画教育の現状と課題-,昭和学院短期大学紀要,第53号,p21-28,(2016年),(共著)
  3. 小学生の調理体験が家族の絆に及ぼす影響について,昭和学院短期大学紀要,第53号,p9-21,(2016年)(共著)
  4. 栄養士養成施設における調理値椎・調理技術の習得状況,昭和学院短期大学紀要,第52号,p61-68,(2015年)(共著)
  5. 英国におけるディナーの歴史的考察,華学園栄養専門学校研究紀要,Vol.4,No.1,p8-14(2015年)(共著)
  6. 世界における肉料理の地域的特徴, 大妻女子大学家政系研究紀要,51巻,p19-30(2015年) (共著)

(その他学会発表等)

  1. 天ぷら衣へのアルコール添加効果,日本調理科学会平成29年度大会,(2017年)
  2. 栄養教育実習の充実を考慮した栄養士課程専門科目の授業のあり方, 第64回日本栄養改善学会学術総会,(2017年)
  3. 茶の事典, 株式会社朝倉書店,(2017年)(共著)
  4. 栄養士養成施設における調理意識に関する調査, 第63回日本栄養改善学会総会, (2016年)
  5. ホスピタリティ教育に重点をおいた研修旅行について, 第63回日本栄養改善学会総会, (2016年)
  6. 小学生の料理教室開催マニュアルの作成・検討,日本調理科学会平成28年度大会, (2016年)
  7. 小学生の調理体験が家庭に及ぼす影響について,日本調理科学会平成27年度大会, (2015年)
  8. 日本各地で生産された茶の外観及び茶成分の特徴,日本家政学会平成27年度大会, (2015年)

学会活動及び社会活動

  1. いちかわ市民アカデミー公開講座講師, 「“UMAMI”の活用で減塩〜イタリア料理〜」,昭和学院短期大学(市川市)(2017年12月)
  2. 日本家政学会関東支部若手の会役員(2015年2月〜2017年2月)
  3. 健やかなこどもの成長のための栄養講座講師,「こどもと楽しくお菓子作り(製菓実習を含む)」,昭和学院短期大学ヘルスケア栄養学科・栄養科学研究所共催・全国栄養士養成施設協会後援,昭和学院短期大学(市川市)(2017年2月)
  4. 食と健康講座講師「しょうがで美味しく減塩食」,昭和学院短期大学・日本フードスペシャリスト協会共催(市川市)(2015年12月)

氏名

木田 春代

フリガナ

キダ ハルヨ

職位

助教

学位

博士(学術)

専門分野

栄養教育

主な担当教科

栄養指導論、栄養指導実習Ⅰ, 栄養情報処理演習,臨床栄養学実習,栄養生理学

所属学会

日本栄養改善学会,日本健康教育学会,日本食育学会

研究業績

(著書)

  1. 具体的な対応がわかる気になる子の偏食-発達障害児の食事指導の工夫と配慮-,チャイルド本社,(2014年7月)(共著)

(学術論文)

  1. 短期大学女子学生における貧血状況と食生活および自覚症状との関連,昭和学院短期大学紀要55,14-22(2018年1月)(共著)
  2. 幼稚園における野菜栽培活動が幼児の偏食に及ぼす影響─トマト栽培に関する検討─日本栄養学雑誌74(1), 20-28(2016年1月)(共著)
  3. 小学校高学年児童におけるストレス対処力(SOC)とストレス対処方略との関連,民族衛生 81(2), 45-55,(2015年2月)(共著)
  4. 母親の就業状況別にみた幼児の偏食とその関連要因,民族衛生 81(1), 3-14,(2015年1月)(共著)
  5. 幼児期における生活習慣病予防を目的とした栄養・健康教育に関するRCT研究の動向,日本健康教育学会 26(3) ,201-205, (2014年8月)(共著)

(学会発表)

  1. 女子大学生における魚の摂取に関する研究‐嗜好と調理経験に着目して‐,第64回日本栄養改善学会学術総会(徳島)(2017年9月)
  2. 若年女性における身体状況と食生活およびヘモグロビン推定値との関連,第64回日本栄養改善学会学術総会(徳島)(2017年9月)
  3. 幼児の家庭におけるトマト栽培経験とトマトに対する嗜好や摂取行動,食に対する興味・関心との関連,第62回日本栄養改善学会学術総会(福岡)(2015年9月)
  4. 幼児を持つ母親の食生活ならびに幼児に対する食教育と母親の就業状況との関連,第22回日本健康教育学会学術総会(千葉)(2013年6月)

学会活動及び社会活動

(社会活動)

  1. 平成29年度いちかわ市民アカデミー講座講師「食塩と健康‐近年の疫学研究より」(昭和学院伊藤記念ホール),(2017年9月)
  2. 音更町第2次食育・地産地消促進計画策定に係る監修,編集等委託業務(2017年3月)
  3. 公益財団法人北海道科学技術振興センター「今すぐできる!おうちで美味しく体をケア 北海道産すこやかレシピ」へのレシピ提供(2014年4月)
  4. 子育て支援ポータルサイトはぐすて「第一線の研究者による子育てアドバイス」への寄稿
    野菜嫌いの克服に?お子さんとい、っしょに野菜を育ててみませんか(前篇,後篇)(2014年4月)
  5. 平成26年度筑波大学公開講座講師「家族の健康スキルアップ〜子どもの食育とむし歯予防-幼児期における食育〜偏食への対応を中心に〜」(筑波大学大塚キャンパス),(2014年7月)
  6. 平成25年度筑波大学重点公開講座講師「子どもの健康生活スキルアップ〜食べ物の好き嫌いとむし歯〜幼児の偏食の要因と家庭や幼稚園・保育所での偏食予防の実践方法」(筑波大学大塚キャンパス),(2013年7月)

氏名

田村 恵

フリガナ

タムラ メグミ

職位

助手

学位

学士(家政学)

専門分野

食生活学

所属学会

日本栄養改善学会、千葉県学校保健学会

研究業績

(学術論文)

  1. 小学生の食意識に関する研究-朝食選手権開催からの一考察-, 昭和学院短期大学紀要第55号, 7-13(2018年)(共著)
  2. 栄養士課程における食事計画能力向上を目指して(第1報)―食事計画教育の現状と課題―,昭和短期大学紀要第53号,21-28(2017年)(共著)

(その他学会発表等)

  1. 市川市小学生朝食選手権からみる小学生の食意識, 第21回千葉県学校保健学会年次大会(2017年12月)
  2. 栄養教育実習の充実を考慮した栄養士課程専門科目の授業のあり方,第64回日本栄養改善学会学術総会(徳島)(2017年9月)

氏名

白鳥 智子

フリガナ

シラトリ トモコ

職位

助手

学位

短期大学士(栄養学)

専門分野

食生活学

所属学会

千葉県学校保健学会

研究業績

 

氏名

平田 香澄

フリガナ

ヒラタ カスミ

職位

助手

学位

学士(栄養学)

専門分野

食生活学

所属学会

千葉県学校保健学会

研究業績

 

 >公開情報に戻る