学校概要

Ⅱ-1 教員組織、各教員が有する学位及び業績(生活クリエイション専攻)

Ⅱ-1 教員組織、各教員が有する学位及び業績(2015年度〜2019年度)

2020年9月28日現在

【人間生活学科 生活クリエイション専攻】

氏名

菅沼 恵子

フリガナ

スガヌマ ケイコ

職位

学長

学位

工学博士

専門分野

被服学

主な担当教科

イベントプロデュース

所属学会

繊維学会、日本家政学会、日本繊維製品消費科学会、The Society of Dyers & Colourists

研究業績

(書籍)

  1. 保育を支える生活の基礎―共著(2018年3月)神蔵幸子、中川秋美編 ㈱萌文書林
  2. 改訂被服整理学―共著(2017年4月)日本衣料管理協会刊行委員会編 日本衣料管理協会
  3. 被服学辞典―共著(2016年10月)牛腸ヒロミ他編 朝倉書店

(学術論文)

  1. Factors affecting fabric slipperiness-共著 (2020年1月) Textile  Research Journal vol.90
  2. 気象と服装-一対比較法と順位法による評価の相関性について--共著(2020年2月)昭和学院短期大学紀要第57号
  3. 「すべり」に関する言葉の検討―共著 (2018年8月) 日本家政学会誌
  4. Improvement of the standard method for assessing colour fastness to wet rubbing―単著 (2015年10月) Coloration Technology Vol.131

(学会発表)

  1. 布の滑りやすさとその要因(第2報) 日本繊維製品消費科学会2017年年次大会(2017年6月)
  2. 短大生による布の滑りに関する官能評価 日本家政学会69回大会(2017年5月)

学会活動及び社会活動

  1. 平成29年度 千葉県高等学校PTA連合会市川地区研究集会公演「高校生の進路と親の役割」(2017年12月)
  2. 平成29年度昭和学院短期大学公開講座「日本人の心と色彩の美学」(2017年5、6、7月)
  3. 日本衣料管理協会常任委員 2000年~2016年12月
  4. 日本衣料管理協会 理事  2007年~2015年
  5. 厚木市総合計画審議会委員 2012年5月~2016年5月

 

氏名

板垣 昌子

フリガナ

イタガキ マサコ

職位

教授

学位

家政学士

専門分野

被服学

主な担当教科

衣生活論、ファブリックケア論、ファブリクケア実験、テキスタイル学、テキスタイル実験、テキスタイルデザイン実習、アパレルコンピュータ演習、クラフト、チャイルドケア論、総合ゼミ、生活クリエイション特別演習Ⅰ、Ⅱ

所属学会

日本家政学会、日本繊維製品消費科学会

研究業績

(学術論文)

  1. Factors affecting fabric slipperiness-共著 (2020年1月) Textile Research Journal vol.90
  2. 「すべり」に関する言葉の検討―共著(2018年8月)日本家政学会誌Vol. 69.№.8 p.627~636
  3. 着装行動における女子短大生の体型への意識と実態―共著 (2015年2月) 昭和学院短期大学紀要第51号

(学会発表)

  1. 布の滑りやすさとその要因(第2報)  共(2017年6月)  日本繊維製品消費科学会 2017年年次大会
  2. 短大生による「布の滑り」に関する官能評価  共 (2017年5月) 日本家政学会 第69回大会

その他(研究ノート)

  1. 市川市内の幼稚園におけるICT機器活用実態―単著 (2017年11月)昭和学院短期大学紀要 第54号
  2. 教材としての紅花染色―共著 (2016年3月) 昭和学院短期大学紀要 第52号
  3. 生活クリエイション特別演習の学修成果―共著 (2015年12月) 昭和学院短期大学生活科学誌 第26号

学会活動及び社会活動

  1. いちかわ市民アカデミー講座 講師「グローバル社会に対応した繊維製品の取り扱い表示」(2019年9月)
  2. 千葉県私立中学校・高等学校家庭科研究会講師「繊維製品の取扱いに関する国際標準化の変遷」(2018年11月)      
  3. いちかわ市民アカデミー講座講師「染色を楽しむ―マーブル染―」(2018年1月)
  4. いちかわ市民アカデミー講座講師「染色を楽しむ―オパール加工―」(2016年1月)
  5. 平成31年4月1日~令和2年3月31日一般財団法人短期大学基準協会の認証評価評価員

 

氏名

川田 江美

フリガナ

カワダ エミ

職位

教授

学位

家政学修士

専門分野

被服学

主な担当教科

アパレル造形実習、ファッションドレーピング、ファッションビジネス、消費科学、アパレル企画、家庭科教育法他

所属学会

日本家政学会、日本家庭科教育学会

研究業績

(学術論文)

  1. Factors affecting fabric slipperiness-共著 (2020年1月) Textile Research Journal vol.90
  2. 「すべり」に関する言葉の検討―共著(2018年8月)日本家政学会誌VOL69.NO8.p627~638
  3. 短大生の痩身意識に関わる要因 第2報-ウエストの形状と寸法に関する検討 昭和学院短期大学紀要 53号、1-8、(2017年)
  4. 短大生の痩身意識に関わる要因、昭和学院短期大学紀要 52号、1-10、(2016年)
  5. 着装行動における女子短大生の体型への意識と実態、昭和学院短期大学紀要 第51号、1-16、(2015年)
  6. 家庭科教育で習得した裁縫技術と生活への活用に関する実態調査、昭和学院短期大学紀要 50号、1-12、(2014年)

(学会発表)

  1. 短大生による「布の滑り」に関する官能評価 第69回日本家政学会大会(2017年)(奈良)
  2. 布の滑りやすさとその要因(第2報) (一社)日本繊維製品消費科学会2017年度年次大会
  3. 家庭科教育で習得した裁縫技術と生活への活用に関する実態調査 第65回日本家政学会大会(2013年)(東京)

(その他)

  1. (研究ノート)短大生の痩身意識に関わる要因 第3報―胸部に関する検討―、昭和学院短期大学紀要 55号、74-83、(2018年)
  2. (研究ノート)実習報告書からみた家庭科教育法指導に関する一考察、昭和学院短期大学紀要 54号、45-49、(2017年)
  3. (研究ノート)生活クリエイション演習の学修成果、昭和学院短期大学生活科学誌26号、1-8、(2015年)

学会活動及び社会活動

  1. 「キルトがポイントのルームウェアの製作①②」いちかわ市民アカデミー講座 昭和学院短期大学 (市川市)(2018年12月 2019年1月)
  2. 「リバーシブルバックを作ろう①②」いちかわ市民アカデミー講座 昭和学院短期大学 (市川市)(2016年12月2017年1月)
  3. 「雨の日を楽しく①②」いちかわ市民アカデミー講座 昭和学院短期大学 (市川市)(2014年12月2015年1月)

 

氏名

古山 弘志

フリガナ

フルヤマ ヒロシ

職位

教授

学位

文学士

専門分野

教員養成 日本史

主な担当教科

教職概論、道徳の指導法、生徒指導・進路指導

所属学会

日本教育学会、生徒指導学会、道徳教育学会

研究実績

(学術論文)

  1. 栄養教論教職課程履修者の特性的自己効力感に関する研究-共著 昭和学院短期大学 第53号(2016年2月)

学会活動及び社会活動

  1. 教員時代の実績
    ・市川市「進路の手引き」編集員
    ・千葉県進路指導パンフレット編集員
    ・市川市社会科資料集編集員
    ・市川市調べ学習研究員
    ・市川市福祉教育公開研究(妙典中)
  2. 市川市立第四中学校長(2014年4月〜2016年3月)
  3. 千葉県立国府台高等学校長(2012年4月〜2014年3月)
  4. 市川市教育委員会学校教育部長(2010年4月〜2012年3月)
  5. 市川市教育委員会学校教育部次長(2009年4月〜2010年3月)
  6. 市川市教育委員会学校教育部義務教育課長(2007年4月〜2009年3月)
  7. 市川市立東国分中学校校長(2005年4月〜2007年3月)
  8. 市川市教育委員会学校教育部義務教育課主幹(2003年4月〜2005年3月)

その他

  1. 千葉県がん対策審議会がん教育部会委員2015
  2. 市川市学校問題対策委員2016.2017、2018、2019、2020
  3. 市川市男女共同参画推進審議会委員2019、2020
  4. 大学コンソーシアム市川推進委員・キャリア連携部会長2018.11、2019、2020

 

氏名

前田 文子

フリガナ

マエダ アヤコ

職位

教授

学位

家政学士

専門分野

調理学

主な担当教科

調理学、食生活論、食生活実習、フードデザイン実習、健康栄養学、消費経済論フードビジネス論、キャリアデザイン演習、イベントプロデュース

所属学会

日本調理科学会 日本食生活学会

研究業績

(著書)

  1. 新時代の保育双書 新版 子どもの食と栄養 共著 (株)みらい (2018年4月)

(学術論文)

  1. 小学生の調理体験が家族の絆に及ぼす影響について 昭和学院短期大学紀要第53号(2017年2月)
  2. ガスコンロ調理実習体験による意識と行動の変化に関する実証的研究 昭和学院短期大学紀要 第52号 (2016年2月)
  3. 調理者の心理状態と調理成果に及ぼすガスとIHコンロの影響の比較 日本調理科学会誌 Vol.47 No.6 46-52 (2014年12月)

(学会発表)

  1. 小学生の料理教室開催マニュアルの作成・検討 日本調理科学会平成28年度大会 (2016年8月)(愛知)
  2. 小学生の調理体験が家庭に及ぼす影響について 日本調理科学会平成27年度大会 (2015年8月)(静岡)
  3. A Research on Improvement in Awareness and Behavior through Repeated Cooking Practices with Gas Stove in Japan 第18回アジア地区家政学会(香港大会) (2015年8月)

(その他)

  1. 付加価値をつけた鶏肉の生産:n-3系多価不飽和脂肪酸による強化(翻訳・共著) 畜産の研究 第71巻第8号(2017年8月)
  2. n-3不飽和脂肪酸強化鶏肉生産の普及促進(翻訳・共著) 畜産の研究 第70巻第1号 (2016年1月)
  3. 生活クリエイション特別演習の学修成果(共著)昭和学院短期大学生活科学誌第26号 (2015年12月)

学会活動及び社会活動

  1. もこもこミニ講座講師「楽しく作って楽しく食べよう」(2019年11月)
  2. もこもこミニ講座講師「楽しく作って楽しく食べよう」(2019年2月)
  3. いちかわ市民アカデミー講座講師「グローバル化と食文化」 (2018年7月)
  4. もこもこミニ講座講師「子どもと食べる簡単料理」(2017年9月)
  5. いちかわ市民アカデミー講座講師「夏のおもてなし料理」 (2016年7月)
  6. 日本フードスペシャリスト協会共催講演会講師「食品表示について考えよう」(2015年12月)

 

氏名

小川 弓美子

フリガナ

オガワ ユミコ

職位

助教

学位

経済学 学士

専門分野

キャリアデザイン論

主な担当教科

キャリアデザイン論、キャリアデザイン演習、ビジネス実務

所属学会

日本キャリアデザイン学会

研究業績

(その他)研究ノート

  1. 精神障がい者雇用の現状と課題
    症状別の就業特性と就業支援の有無における継続率の変化
    (2017年2月)株式会社リクルートスタッフィング 企業担当者向けセミナーにて発表

学会活動及び社会活動

  1. ワーキングマザー 小1の壁の乗り越え方 WEBサイト(SYNADOSS)
    (2017年11月)
  2. 「THINK UNIVERSAL」 プロジェクト
    ユニバーサル社会形成促進活動(特定非営利団体りょういくワールド)
    (2018年2月)

 

 >公開情報に戻る