校歌

作詞 伊藤 一郎
作曲 坂本 通弘

ことの葉伝う 真間川の
流れたゆとう 菅野辺に
緑さやけく 萌えいでて
気高くかおる 若草の
わが学びやぞ きよらけき

明けゆく空に 富士の嶺の
紅匂う 朝がすみ
歴史を秘めて 松千とせ
夕映え清く 風わたる
わが学びやぞ うるわしき

理想は高く 学深し
まこと尋ねて 若人の
昭和と名のる この窓に
月の桂も 手折らなん
わが学びやぞ いやさかゆ